スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小林英且 絵画展

こんにちは(^^)

三連休真っ只中、軽井沢は心地良い秋晴れに恵まれています!
お出かけにぴったりの季節、KaNAMにも是非遊びに来てくださいね(^^)♪


さて、Gallery3にて開催中の展示
「小林英且 絵画展」10月3日(木)〜10月28日(月)
ご案内をさせていただきます!

タイトル

展示風景

記憶 water


***小林英且 HIDEAKI KOBAYASHI ********************************

1970 長野県生まれ 神奈川県育ち

1995 東京藝術大学美術学部デザイン科卒業

1997 東京藝術大学大学院修士課程修了(大藪雅孝、中島千波に師事)

2010 東京藝術大学美術学部非常勤講師(~2012)

<個展、グループ展etc>
1995 東京藝術大学卒業制作展 <デザイン賞>
1999 第75回白日展 <入選> / 東京都美術館

2001 第8回別府現代絵画展 <入選> / 別府市美術館
2006 作家の卵展(現ShinPA展)<優秀賞> / おぶせミュージアム・中島千波館
2008 個展 / 東京大丸
2011 個展 / 新宿伊勢丹
2012 個展 / 池袋東武

   その他 個展、グループ展など多数
*************************************************************



記憶 Gaia
美しい眠りの女神たちがお出迎えしてくれますよ。


2.jpg1.jpg

また、『~奏で~』シリーズの小鳥たちとともに描かれる楽器はとても愛らしく、素敵な音楽が聴こえてくるようです。




平面構成でありながらも曲線による躍動感や、
鮮やかな光のコントラストによって奥行が感じられる小林英且先生の作品。
100号の大作や1本1本髪の毛流れが美しく描写された人物画、楽器など、
様々なモチーフで描かれた小林英且の世界をご堪能下さい。



written by gallery staff 市川

KaNAM 軽井沢ニューアートミュージアム
0267-46-8692
Open 11:00- Close 17:00 (Closed on Tuesdays)
☆作品に関するお問い合わせも承ります☆
スポンサーサイト

西山英煕+春慶Japan

こんにちは(^^)♪

前回ご紹介しました
土屋仁応 彩色木彫展@gallery1に続きまして

gallery2にて開催中の企画展
西山英煕+春慶Japanのご案内をさせていただきます(^o^)
タイトル

展示の様子です!
全体写真

*** 西山英煕 Hideki Nishiyama **************************
1942 香川県生まれ
1964 東京藝術大学美術学部工芸家I.D専攻を卒業
1964 日産自動車入社
1973 西山デザインアソシエイツ設立
2003~(財)岐阜県産業経済振興センター、オリベデザインセンター長、オリベ創造塾・塾長
全国百貨店にて個展多数。
西大由氏、浅野陽氏、六角大壌氏に師事。
漆、やきもの、金工、ガラスなどの作品制作のほか、
デザイナーとして幅広い分野で活躍中。

春慶Japan
滝村紀貴 Noritaka Takimura(漆塗職人)
日本民族館展 奨励賞などに入選。各地で工房展など多数開催。

西田恵一 Keiichi Nishida(木地職人)
曲げ物を中心に春慶木地以外の仕事も多く手掛ける。

大屋文雄 Fumio Oya(桐細工師)
日本の桐材を使った箱物や小物タンスなどを制作。新しい小物作りに取り組む。

阿多野一夫 Kazuo Adano(塗師)
全国漆器展、岐阜県木工デザイン展などに入選。

***********************************************************


コーヒーカップ


飛騨春慶の、代々受け継がれた日本の伝統工芸技法による作品の数々。


今回の作品展は、デザイナーの西山英煕氏によって手がけられたテザインに、
飛騨春慶を用いるそれぞれの分野の伝統工芸士が
ひとつひとつ丁寧に仕上げた作品を展示しています。

小 床 2 (2)
飾箪笥 2


檜やサワラ、桜の木などの美しい自然の木目を活かした春慶。
透明感のある漆塗りは、時を重ねるごとに色彩に変化が現れ、
その美しさを増していくといわれています。

心地良い、木の温もりを感じることができる春慶作品。

gallery2は今日も素敵な木の香りに包まれています。




是非、ご高覧下さいませ。
こだんす

八宝膳

花器2



written by gallery staff 市川

KaNAM 軽井沢ニューアートミュージアム
0267-46-8692
☆作品に関するお問い合わせも承ります☆

土屋仁応 ―彩色木彫展—

こんにちは♪


KaNAMギャラリー1階にて、開催中の企画展のご案内をさせていただきます!


まずは、gallery1から(^^)♪


@Gallery1
土屋仁応 ―彩色木彫展―
全体写真


***** 土屋仁応  YOSHIMASA TSUCHIYA *****************
1977 神奈川県横須賀市出身
2001 東京藝術大学 美術学部彫刻科卒業 サロン・ド・プランタン賞
2003 東京藝術大学大学院 文化財保存修復彫刻 修士課程修了 サロン・ド・プランタン賞
2007 東京藝術大学大学院 文化財保存修復彫刻 博士課程修了
2008 「ワッと!どうぶつ What? アート展」 十和田市現代美術館・青森
2009 「夢をたべる獏が夢みる夢」メグミオギタギャラリー・東京
2010 「創造と回帰 現代木彫の潮流」 北海道立近代美術館・北海道
2011 「私的な神話」 メグミオギタギャラリー・東京/「集まれ!おもしろどうぶつ展」 横須賀美術館・神奈川
2012 「聞耳の森」 メグミオギタギャラリー・東京
2013 「彩色木彫 土屋仁応展」 高島屋美術画廊(東京日本橋・大阪・新宿巡回)   
**********************************************************


今にも動き出しそうなしなやかなフォルムを持つ動物たちの姿や
語りかけてくるようで強く印象的な目は
正に土屋先生にしか生み出すことのできない世界。
生命が持つ神秘的な輝きを静かに感じ取ることができます。



今回は大作のユニコーンから小さな鹿の作品まで、合計7点を展示しております。

それでは、少しクローズアップしてご紹介(*^^*)

○ユニコーン/Unicorn
tsuchiya_0093.jpg



○猫/Cat
tsuchiya_0064.jpg




○鹿/Dear
0052.jpg



販売可能な作品数はのこり2点です!お急ぎください!





また、個展開催を記念して、
KaNAM1階バンケットルームにて、土屋仁応先生との対談パーティーを開催致します(^^)
10月20日(日)12:00〜15:30(受付11:30)
レストラン・ピエトリーノのコース料理と共に、土屋仁応先生との対談をお楽しみください。
会場:軽井沢ニューアートミュージアム バンケットルーム
会員制:お一人様 5000円 現地でのお支払いとなります。
(お料理、ドリンク・美術館入館料を含む)
お電話もしくはFAXにて受付致します。



土屋先生の作品の神秘的な魅力について、直接お伺いできる貴重なチャンスです!
ぜひぜひご参加下さいませ。


ご質問等ございましたら、お気軽にお問合せ下さい。




written by gallery staff 市川

KaNAM 軽井沢ニューアートミュージアム
0267-46-8692
☆作品に関するお問い合わせも承ります☆

ご無沙汰しております。。


お久しぶりの更新ですm(_ _)m



ばたばたと目まぐるしい日々が過ぎていく中で、
気が付けば季節も移ろい、本格的な秋の香りがしてきました。。


お陰様で当館も無事9月の展示を終了させていただきました。
沢山のお客様にご来館いただき、ご好評に預かりまして、本当にありがとうございました。

Gallery1 高橋生華作品展-タマネギフィロソフィ-
Gallery2 丸尾結子作品展-After Gooskanpi-
Gallery3 蔡國華作品展—何来何去—
Gallery4 草間彌生作品展


2F企画展 草間彌生展-わたし超スキッ!!- も会期終了となり、
当館はすこしの間お休みを頂きまして、新しい展示へと準備を進めてまいりました。
そして!とうとう10月3日より、心機一転、新たな作品展をスタートしました!!!


2F企画展◎六つの個展―二人の絆―
オープニング作家…草間彌生、サイトウマコト、千住博、奈良美智、舟越桂、井上有一
(この6名からスタートして、数人ずつ展示替えを行います。)

1Fギャラリー
Gallery1 土屋仁応 彩色木彫展(10/3~10/28)
Gallery2 西山英煕+春慶Japan (10/3~10/28)
Gallery3 小林英且 絵画展(10/3~10/28)
Gallery4 宮廻正明 —ゆずり葉の頃—(10/3~12/25)



豪華絢爛な現代アーティスト達の作品展を、一挙にご覧いただけます!
是非ご高覧下さいませ。

スタッフ一同、心よりお待ち申し上げております(^^)

尚、営業時間が10月より変更となっておりますので、ご注意ください。

OPEN 11:00 - CLOSE 17:00
休館日:毎週火曜日


written by gallery staff 市川

KaNAM 軽井沢ニューアートミュージアム
0267-46-8692
☆作品に関するお問い合わせも承ります☆
★次回のblogでは、詳しいギャラリーの展示情報をお届け致します!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。